イメージ

当院では、「痛くなったら治療をする」「かぶせものを入れ、噛めるようになったらおしまい」といったような、歯科治療におけるこれまでの問題点を改善すべく、虫歯、歯周病、咬み合わせなど様々な面からアプローチし、患者様に十分な説明をさせて頂いた上で、治療計画を一緒に考えていきます。

そして、一度行った治療部位は封鎖性を高めて細菌の侵入を最大限抑制し、やり返しのない治療を目指しています。

イメージ

また当院では、十分にご納得の上で歯科治療を受けて頂けるよう、治療内容はもちろん、ブラッシング指導に至るまで、どなたにも分かりやすい“目に見えるご説明”を行っています。

無痛治療について

「甘いものばかりを食べていると虫歯になりやすい」と言うのは何となく解っていても、どうしてそれが虫歯の原因になるのかをはっきり知っている方は、案外少ないのではないでしょうか。
確かに砂糖は虫歯をつくる原因となりますが、実はそれだけでは虫歯はできません。

歯・虫歯菌・砂糖の3つの条件が揃うと、砂糖を餌とした虫歯菌が酸を作り出し、歯の表面の硬いエナメル質を溶かし始めます。これが虫歯の始まりです。

虫歯で歯に穴があいてしまった場合、自然治癒は期待できません。原則として、虫歯になった部分を削って補修しなければなりません。

当院では、虫歯等の削る範囲を最小限に抑え、歯根の治療もきちんと行い、できるだけ歯を抜かずに残す方針にて歯科治療を行っております。

歯とお口の病気やその診療・治療については、分からない事や心配事、疑問等がたくさんある事と思います。

そのような時には、どうぞ遠慮なさらず、お気軽に歯科医師及びスタッフにおたずね下さい。

神経の治療について

神経まで達してしまった深い虫歯(C3、C4)では、神経を取り除く治療が必要になります。神経を取り除いてしまえば痛みは治まりますが、ここで治療をやめてしまうと、歯の根っこ(根管)が腐ったり、歯がボロボロになって、最後には歯を抜かなければならなくなったりします。
根の中の細い管に感染が進んでしまった場合には、その管をきれいに掃除して、感染物質を除去する必要があります。そうした歯の根の治療を「根管治療」と呼びます。
根管治療によって、根気よく、最後まで治し切ることが大切です。

根管治療の流れ

治療前、歯の根の中はたくさんの細菌の棲みか(虫歯)になっています。このままでは歯の全体が腐ってしまいます。
そこで、まずは腐った部分を取り除き、ていねいな掃除と消毒をくり返します。膿が溜まっているときは、膿が出なくなるまで何回も行います。
以前の治療で詰め物が入っている場合は、さらに取り去る作業が加わり、時間がかかります。
次に、中に詰めものをして、芯になる「柱」を立てます。
最後に、型を取って被せものを作って柱に装着すれば、しっかり咬める歯に復元します。